人生で挫折しそうになったときに みてもらいたいブログがここにある

※この記事は人によっては60分ぐらいで読めます

 

おそらくこの記事の門を開いた方は人生で挫折しそうになっている最中 もしくは経験済み あるいは間違えて来ちゃった のどれかだと思う。

安心して下さい。挫折するのは まだ早い。

実は熟していないのである。

 

なぜ急に絵を描いたりわけわからん選手権を開いているこのブログが、途端に普通の記事を書いているのかといいますと

 

 

なぜなら ズバリ!ワタシが挫折しようとしているから

 

なのである。

といっても人生にではなくブログにである。

先日、一部の方につい口を滑らせてカミングアウトしてしまったのだが このブログ

 

年齢よりもPVが低いのです

 

500なんちゃらの記事が一応あることになっているのですが

 

 

年齢よりも低いのである。

 

これは正直ワタシの想像を遥かに越えた結果でした。もう最旬で例えるならば小泉進次郎と滝川クリステルが“いきなりのでき婚”

よりも超越しているのである。

最旬館製作所に無料お試しセットを申し込んだはいいが 待っていられない気分。

もう信じられない… クリスタルな未来は考えられない… かんじです。

 

 

 

思えば 苦節3年4ヶ月。

一時 誹謗中傷コメに近いものが送られるぐらいに注目されるようになったのもありましたが それも一瞬。塩◯瞬の情事なども話題になりましたが あれも一瞬。

その頃は特にはてなブログの勢いもあったのが原因かもしれません。

次第に第一の関門であった100PVの壁も毎日越えるのが当たり前となり 

『これ ひょっとして収益化できるじゃない?』と勘違いしたこともありました。

A8に はじまり 今はなき◯◯(名前忘れた)

忍者アドマックス そして グーグルアドセンスなどの ありとあらゆる広告に手を出し どんどんと記事を広告で彩ることになりましたね。

 

基本的にPVが多いほうが収益も多くなるのは誰もが予想がつくことと思います。

ここで一旦 話は振り出しに戻します。

 

年齢よりもPVが低い。

 

1日に30PVぐらい で 1諭吉イケると思っている方っていますでしょうか??

イケル!!と思ったかた、お願いですから挫折して下さい。もうフェードアウトを止めることをしません。世の中そんなに甘くないです。井村屋のあずきバーほど甘いわけがない。それが通るなら 誰もが億万長者。くりくりくりくり~おぼっちゃまくん。ともだちんこ。

少々おかしなことになったが ブログとは結果ばかりを追い求めていると とても疲れるのである。

そして

“いい記事書こう はてなブログ”

と思っていても 予想通りにいくことは少ない気もするのである。予想通りにいったためしもない。

結論としては

 

楽しもう♪

 

これにかぎる。ピクニック気分で書くのが1番である。お菓子を200円分買って遠足に行きながら 山の中腹でひと休みして 無心にキーボードを叩くと いい記事が書けるかもしれない。

無駄な雑念など捨てて 思いを綴るのがよい。ちょうど このはてなブログは 他のブログサービスに比べると そこらへんのとこが大変充実しているのがありがたい。いや いつもお世話になってます ありがとう!

ブログ仲間を増やしやすいのです。

それ(コミュニティ)に嫌気が差して◯◯ブログ(名前ど忘れ)へと移る方もちらほらいるけどねー。いいんです。お好きなように書けばいいんです。

ただブログ初心者の方は一人でぽつんと部屋で書いているよりも 同じようにブログを始めた方との出会いなどもあってモチベーションを保ちやすかったりするので はてなブログはオススメ。

そう。ワタシも過去にはそんな活き活きとした日々を送っていた時期がありました。

今で言うTwitterのように 日常のありとあらゆることをネタにし、とにかく自分のブログをアピール。

見返してクリビツしましたが一ヶ月で35本ものヒットを打っていました(正確には当たり記事はないのでノーヒットだな)

なぜ そのような勢いがあったのかと分析しますと 

 

注目度がないゆえに 怖いものもない

のがもっともの要因。

そして 今のワタシは また再びその位置まで下がってきたんだと思います。

怖いものなどない。

あるとすれば このブログの存在が妻にバレる  ぐらいであーる。夜中に急に壁が軋んでも怖くはない。ちょっぴり“ビクン”とはするけども。

 

でも  自分の書いた記事が怖くなることはある・・・

 

 

なんだこれ。ある意味すげぇーなぁーーー。

 

こんな記事なら山ほど書けそうだわ。

これだからpvが谷なんだわ。

でも 今の自分に足りないものは このような

 

 

勢い。

 

なんだろうな。いやぁ~久しぶりにカバ夫のワイルドランディングで占いたくなってきたわ。

カバ夫 現存してるかな?

 

 

~まとめ~

このようにすべてにおいて上手くいかない(ブログ)ライフにも関わらず それでも前や上を向いて生きている中年もいます。

ましてや20代の若人は中年よりも選択ある未来があります。

 

挫折も糧だ。

 

そう思えたら 怖いものもないし 自分で自分を苦しめるようなことなど考えなくてもよし。

 

とにかく夢をみよう。

そして どうしようもない時は カバ夫で占おう?一瞬の夢をみれるよ。

 

世界は思っているよりも 簡単に出来ている。

難しいと思っているのは その頭の中だけだ。

とにかくアクション!

動けば きっと何かが変わるはず

目も開けられないほどの まぶしい未来が待っている

目を覆いたくなるほどの記事は ここに山ほどある

 

(ここまでの所要時間90分)