達成者への道。~くだらない記事を全力で~

絵を描いてはアップしているブログです~

これができたら100万円!!【銅像days~その23~】


f:id:o-factory:20180117230220j:image

 

【これができたら100万円】

 


f:id:o-factory:20180117230304j:image

 


f:id:o-factory:20180117230327j:image

 


f:id:o-factory:20180117230343j:image

 


f:id:o-factory:20180117230358j:image

 


f:id:o-factory:20180117230423j:image

 


f:id:o-factory:20180117230445j:image

 


f:id:o-factory:20180117230459j:image

 


f:id:o-factory:20180117230523j:image

 

・・・・・

 

 


f:id:o-factory:20180117230549j:image

 

 

こんにちは。昔テレビ朝日で放送していたウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー、これができたら100万円という素人参加型番組を放送していたのを覚えている方いらっしゃいますか?

この番組内のチャレンジ企画で"電流イライラ棒"という電流の流れている2本の線の間を手に持った棒を接触させないように進んでいく企画があったことを、不覚にも思い出してしまいました。ヘアピンカーブがあったりウッチャン奥の細道なる難関があったりと見ていてとてもおもしろかった記憶があります。

挑戦者が一般の方たちで、クリアしたらその名のとおり100万円もらえるという今のテレビ業界では考えられないぐらいの大盤振る舞いでしたよね。

あと他局ではみのさんのクイズミリオネアなんかもありましたね。オーディエンス、フィフティーフィフティー、テレフォンというお助けアイテムにはワクワクしたものでした。(テレフォンはほとんど役立たずでしたけどね)

そういえば、炎のチャレンジャーこれができたら100万円のゲームソフトもあったんです。ニンテンドー64の肝であったコントローラーの3Dスティックを生かすにはもってこいなソフトでした。微調整が利くときもあれば、大胆に動かし過ぎてしまったりとコレ以上ないほどの操作性を感じたような気がします。失敗すると実況の辻よしなりアナに

『なにやってんだよおぉ~!!』

と説教されるのがいちばんおもしろいところだったのかもしれません。

 

結局のところ何が言いたいのかと言われれば、ただなんとな~く電流イライラ棒のことを思い出しただけであって、どなたか覚えている方がいらっしゃれば嬉しいなと思っただけです。何の話なのコレは?と思われた方は見なかったことにしてください。

ではではここらへんでお開きとさせていただきます。

See  you  (←英語ならアリ??)